Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zanmakyo.blog25.fc2.com/tb.php/258-e535a81e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

探してた答えは変わり続けてく

生まれ変わるほど強くなれる…

辛味噌!

はい、こんばんは。葉鐘です。

風邪引いてしまったらしく喉が痛くてしょうがない…痛みもそうですが思うように声が出ないとイライラします。

ふとレンストのカード記述について考えてました。長くなってしまったので追記に。

今回のお題は仮面ライダーランス。

同じホールドするor何かするという選択肢のカードの蜂女の場合のFAQは…

【Q.「RK-177 蜂女」が2体居るとき、その効果は重複しますか?
重複する場合、1体目の処理で対象をホールドしたため、2体目の処理を実行するときには対象をホールドする事はできませんでしたが、「ホールドする事を選んではいた」として『ホールドしない事を選んだとき、~』は無効になりますか?】

【A.「RK-177 蜂女」の効果は重複します。
そして2体の「RK-177 蜂女」の効果は、それぞれのタイミングに(正確にはターンプレイヤーの任意の好きな順で)1体ずつ発動します。
この場合、1体目で「ホールドしない」を選んだ場合は、2体目で「ホールドする」を選んだとしても、否定文を優先するルールによって、バトルエリアに出ることはできないことになります。
また、1体目で「ホールドする」を選んだとしても、すでにホールドされているユニットをホールドすることはできませんので、2体目では「ホールドしない」を選んだことになり、結果としてバトルエリアに出ることはできないことになります。
つまり、「RK-177 蜂女」が2体ある状況では、ラッシュしたユニットをホールドしてもしなくても、結局バトルエリアに出ることができなくなりますので、1体目も2体目も「ホールドしない」を選んだ方が、損は少ないことになります。】

と、言う事でホールド状態のユニットはホールドできない為、ホールドしなかった場合の効果を適用する、という解釈なのですが・・・

同じホールドするか別の効果を発動する仮面ライダーランスの場合はこうです。

【Q.敵軍バトルエリアに、リリース状態のSユニットと、ホールド状態のSユニットが1体ずつ存在しているときに、自軍「RK-214 仮面ライダーランス」の【インパクトスタッブ】を発動しました。このとき、ホールド状態のユニットはホールドできない為、強制的にリリース状態のSユニットがホールドされ、ホールド状態のSユニットが撃破されるという流れになるのでしょうか?】

【A.いいえ。撃破するのはどちらでもいいので、撃破することができます。その後、残ったもう1体の状態が、リリース状態ならホールド、ホールド状態ならホールド状態のままにする、という流れになります。】

まあ、どちらも撃破する対象には選べる、という事で撃破する方としてリリース状態のユニットを選んでいたら…と言う考え方も出来ますが、同じく選択式の効果を持つビーファイターテントウの場合。

【Q.「XG-094[RM] ビーファイターテントウ」の効果【テントウスピアー】には「置けなければ捨札にする」とは書かれていませんが、「置けなければこの効果は発動できない」とも書かれていないので、敵軍コマンドゾーンに既に5枚カードがあっても効果を発動することができ、オモテにしたカードをコマンドゾーンに置く事を選び「カードの効果などによって、5枚を越えて置かれるときは、そのカードは捨札になります。」と言うルールに従い、そのカードを捨札にする事ができますか?】

【A.いいえ、捨札にすることはできません。
コマンドゾーンにカードが5枚ある場合、「コマンドゾーンに置く」ということが不可能なので、必ず「持ち主の山札の上に戻す」を選択することになります。】

つまり、選択肢の中に実行不可能なものが含まれていた場合、そうしなかった場合の選択肢を選択しなければならない、という事です。

「蜂女」の例において「既にホールド状態のユニットをホールドする事は出来ない」と明言していますし、これはホールド状態に対するルールエフェクトと考えられます。

ならば、そのルールに従って「ホールドする事が出来ないホールド状態のユニットをホールドする対象として選ぶ」という選択は成り立たない筈ですが、ランスの場合に於いてそれが成立しています。

ピンクフラッシュ+キリカゲとアギトBFの自壊する、しないの違いはピンクフラッシュの自壊効果が効果名を持たないテキストとルールエフェクトに起因するに対し、アギトBFは効果名を持つテキストの効果での自壊、という違いがありますのでまだ自分の中で納得がいったのですが(ルールエフェクト及び効果名を持たないテキストはキリカゲで無効化できないため)、この例の場合ルールエフェクトを場合によって何通りにも解釈出来うる、とも取れます。

似たような効果の裁定が微妙に参照するカードや数値によって異なるのはともかく、ルールエフェクトの解釈まで違ってしまうのはちょっと危ういんじゃないかな、と思います。

…というか、多分このランスの裁定知らずに使ってる人結構居るんじゃないかなぁ。

実際、この間の大会では自分を含め誰もが「ホールド状態のユニットはホールドできない為、実質確定除去となる」と判断していましたし。

つまり何が言いたいのかというと、この間ランス刺さったのが実は無効で悔しい、っていうことです(爆)

以上、早く寝なきゃいけないのに喉が酷くて眠れない葉鐘でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zanmakyo.blog25.fc2.com/tb.php/258-e535a81e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

葉鐘

Author:葉鐘
福岡で活動中のストライカーにしてゼロプレイヤー、そしてデュエリストな役者を夢見る男。

管理人近影はλさんに描いていただきました。でもどう見ても剣崎な不思議。サンキュー!(水木の兄貴風に)

・レンスト
赤緑ビーファイター
青黄アギト
黄黒ビート
緑黄パーミッション


・D-0
赤黒武士道
赤黒ドール
青単ナニスンダスピリット
青単ナーガビート
とか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

うちの子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。